COMPLY+-ANCE コンプライアンス

2019年/日本語/日本/75分/配給:SPOTTED PRODUCTION

解説

監督は、齊藤が天才と称賛し、日本映画監督協会新人賞ほか数々の受賞歴をもつ鬼才・岩切一空、ほぼ1人ですべての制作を手がける気鋭の人形アニメーション作家・飯塚貴士、アーティスト集団Chim↑Pom。そして、齊藤自らもメガホンをとる。出演は、齊藤組主演に、『カメラを止めるな!』ヒロイン・秋山ゆずき。実力派芸人アルコ&ピースの平子祐希、国内外映画祭8冠に輝いた齊藤工初長編映画『blank13』にも出演した大水洋介(ラバーガール)、古家祥吾(元・曇天三男坊、現TCクラクション)が脇を固める。岩切組に、華村あすか(TVドラマ「宮本から君へ」)、中井友望(ミスiD2019グランプリ)、半田美樹(『聖なるもの』『サクリファイス』)、山元駿(『聖なるもの』)、川島直人(映画監督/『高崎グラフィティ。』)など若手新進俳優が集結。音楽パートは、唯一無二のリリックを操る孤高のラッパー・狐火、国内外で活躍しデジタル・エレクトロ・ロックバンドGARI。また、『MANRIKI』監督の清水康彦がプロデュース・編集に名を連ねクリエーションを支える。あえてタブーに切り込み、観るものを揺さぶる圧倒的な濃度の「体験型映画」。自らの「コンプライアンス」を目撃せよ!

あらすじ

令和新時代、2020年。国際的な一大イベントの開催を目前に控える日本では、日々、忖度やコンプライアンス問題がニュースのみならず日常会話においても語られ、明確な基準もないまま”自主規制”ばかりが増していく。この現状に、一石二石、いや百万石を投じようと「日本においての表現限界」に挑戦した本作。俳優、フィルムメーカー、モノクロ写真家としてマルチに活動する斎藤工が、“齊藤工”名義で企画・原案・脚本・撮影・スチール・声・総監督を務め、その思いに共鳴した監督、アーティスト、俳優、芸人が集結。”コンプライアンス”をテーマに、音楽、実写、人形アニメーションなど多様な視点と表現が放たれた、近い未来の放送業界・映画界に警鐘を鳴らす、類を見ない問題作が誕生した。

監督


齊藤工
パリコレ等のモデル活動を経て2001年に俳優デビュー。主演作『シン・ウルトラマン』Netflix「ヒヤマケンタロウの妊娠」をはじめ、『愛のまなざしを』『CUBE』等が待機中。齊藤工名義での初長編監督作『blank13』(18)では国内外の映画祭で8冠を獲得。企画・脚本・監督等の『COMPLY+-ANCE』(20)がLA日本映画祭にて最優秀監督賞、作品賞をW受賞。また、オレゴン短編映画祭2020にて監督作『Balancer』(14)が最優秀作品賞。同年Asian Academy Creative Awardにて、監督作HBO asia FOODLORE『Life in a Box』が日本人初の最優秀監督賞を受賞。コロナ禍のミニシアターを俳優主導で支援するプラットフォーム「Mini Theater Park」発起人。劇場体験が難しい被災地や途上国の子供たちに映画を届ける移動映画館「cinéma bird」を主宰するなど、マルチに活動している。

スタッフ&キャスト

監督/企画/原案/スチール/声/撮影 齊藤工
脚本 齊藤工、はしもとこうじ
プロデュース 小林有衣子
プロデュース/編集 清水康彦
出演 秋山ゆずき、平子祐希(アルコ&ピース)、斎藤工、大水洋介(ラバーガール)、古家祥吾(元・曇天三男坊 現・TCクラクション)
ゲスト監督 岩切一空、飯塚貴士 and more!!
音楽 狐火、GARI

上映スケジュール 9/16-9/20