Inertia

イネーシャ

2021年/英語/イギリス/19分/ジャパンプレミア

解説

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018の京楽ピクチャーズ. presentsインターナショナル・ショートフィルム・コンペティションにて、「父の日」で優秀芸術賞を受賞したマット・ジョンズ監督が、その製作支援金を得て監督した最新作。若者の視点で語られる本作は、アイデンティティ、喪失、信仰といったテーマを親密な方法で扱ったキャラクター作品。

あらすじ

生徒と教師のラビアとマディは、思いがけない状況下で友情を育む。

映画祭参加経歴/表彰

Bengaluru International Short Film Festival (India, 2021)
Bolton International Film Festival (UK, 2021)
Out on Film (USA, 2021)
Rhode Island International Film Festival (USA, 2021)
BronzeLens Film Festival (USA, 2021)

監督


マット・ジョンズ
イギリスのマンチェスターを拠点に活動する作家・監督。これまで監督した短編映画は、Encounters、Leeds、Sydney、Film Court De Brest、Screamfest、Fantasportoなど、世界中の権威ある映画祭で上映されている。現在、長編映画の脚本を執筆中で、今年末には長編デビュー作の撮影を予定している。

スタッフ&キャスト

監督/脚本 マット・ジョンズ
プロデュース クリス・レーン、ジェシカ・ラブランド
出演 ジョアン・ミッチェル、パヤル・ミストリー

上映スケジュール 9/16-9/20