消しかすの花

2020年/日本語/日本/18分

解説

第8回八王子Short Film映画祭一般部門ノミネート作品。小学4年生という幼いながら自我もあり、青春の少し手前の年代をリアルに描いた作品。ほぼ全編小学校で撮影しており、小学生ながら会話の少ないストーリー展開で表情や目線で繊細なお芝居をしているところが見所となります。18分19秒と短い作品なので観やすくなっています。

あらすじ

小学4年生の波田樹は友達の林拓実たちと先生にイタズラをしていた。ある日、それが先生にバレてしまい、呼び出された樹は思わず、一緒にイタズラをしていた友達の名前を言ってしまった。友達の反感をかってしまった樹は仲間外れにされてしまい…

映画祭参加経歴/表彰

第8回八王子Short Film映画祭/準グランプリ
おおぶ映画祭2021/セレクト作品選出
Seisho Cinema Fes 4th/9月上映
GoodStock FilmSession/ノミネート
TOKYO青春映画祭/グランプリ/最優秀主演男優賞/U-NEXTにて3日間限定公開
蓼科高原映画祭 第20回短編映画コンクール/入選

監督


小池匠
長野県軽井沢町出身。
大学にて映画制作を学び、卒業後は商業作品にて助監督を経験。
現在はフリーランスで映画制作を続ける他、近年ではミュージックビデオや広告、舞台演出なども手掛ける。
作品歴
青森さんちの祝日/あわら湯けむり映画祭審査員賞/現在U-NEXTにて配信中
走り出した、その先に/合宿免許の広告として制作。Youtubeにて配信中
夢が眠る場所(仮)/Kobe Short GIGsの企画として現在制作中

スタッフ&キャスト

監督 小池匠
原作 北林佑基
脚本 川滿佐和子、北林佑基
出演 陣慶昭、松瀬吹蕗、大沢凛、谷口侑人、巴山祐樹
スタッフ 渡邊大和(照明)
渡邉翼(撮影)
佐藤太樹(音楽)
渡邉直人(録音)ほか

上映スケジュール 9/16-9/20

9/16(木)00:00〈9/15(水)24:00〉より配信スタート!880円で72時間観放題!ご購入(課金開始)いただけるのは9/18(土)23:59までとなっています。Huluの作品と合わせて“計画的”にお楽しみください。
※ご視聴にはプラットフォームVimeoへの登録とお支払いが必要です。

Director’s Voice

1.映画制作をはじめたきっかけは?

高校生の進路を考えた時に、人生一度なら面白いことをしようと思い、昔から好きだった映画の勉強をしようと、映画学科のある大学に行ったことが始まりです。進学当初には監督を考えていませんでしたが、大学に入ってすぐに監督をやりたい気持ちが芽生えて、そこから監督志望となりました。

2.影響を受けた作品や監督は?

特に影響を受けたものはないです。好きな作品は「GO/行定勲監督」「カップルズ/エドワード・ヤン監督」「藍色夏恋/イー・ツーイェン監督」などです。大学卒業後、商業作品で助監督をやっており、英監督の現場につくことが多く、学ぶことは多かったです。

3.本作の制作動機、インスピレーションは何でしたか?

本作は原案・脚本が別にいます。原案・脚本の北林くん、共同脚本の川滿さんと八王子Short Film映画祭で企画を一緒にやろうと話して出てきた作品がこちらでした。実際に企画、脚本を見てまさに映画的な作品だと思い制作しました。会話でない部分で進んでいくストーリー。映像や表情で表現するものだと思いました。

4.本作ではどんな困難に直面し、それをどう乗り越えましたか?

コロナの時期に撮影を行ったことから、まずは撮影場所がないという大きな問題がありました。廃校となったスタジオも視野に入れましたが、スタジオ料金のみで40万もの費用が掛かることとなり、予算を遥かにオーバーする計算となりました。その後、八王子市内の小学校に一人で50件近く電話をして、現在の小学校をお借りすることができました。生きている学校にしか出せないパワーがある映像となったと思います。

5.本映画祭への応募動機と選外と知らされた時の心境、その後ゆうばりホープ選出の葛藤は??

以前から興味がある映画祭でいつか自分の作品がノミネートしてほしいとずっと思っていました。知り合いの作品が通ったと聞いたりした中、選外となったことはとても悔しく、次頑張ろうと思いました。今回のゆうばりホープは今年が初めてで正直、どんなものかわかりません。映画として作っている以上、配信で流れるよりも大きなスクリーンでやってほしいというのが本音です。ですが多くの方に観ていただけるきっかけになれば嬉しく思います。

※ゆうばりホープは惜しくも選外となった中から将来性が光る若手監督の作品を紹介する新カテゴリーです。

6.ご覧になる皆さんへメッセージを

静かな作品です。映像も音も大きなスクリーンで観るように作り上げています。観るときはなるべく大きな画面環境、イヤホンなど使用してなるべくいい環境で観て頂ければ幸いです。小学生にしか出せない、撮影当時だから出せた味がたっぷりと詰まった作品となっています。単純に映画を楽しんで頂きたいし、何かを感じて頂ければ嬉しいです。