紫キャベツの実験

Experiment of Purple cabbage

2022年/日本語/日本/23分

解説

2021年4月より開講したスコーレ映画塾一年コースの一作目。集まった塾生から脚本のプロットを募り、プレゼンし投票、約半年かけてじっくりと脚本を練りました。メインキャストに現役中学三年生に起用し、リアルな空気感と心情表現を目指しました。

あらすじ

「簡単な実験をしよう」最初は小さな実験だった。勉強だけが取り柄な住田青(あお)は、幼馴染でスポーツマンの赤井昇の提案で入れ替わりの実験を始める。受験を心配する母親を尻目に、赤と青のTシャツ、カバン、身の回りのものを交換していくことによって周囲からも間違えられるようになっていくふたり。次第に入れ替わりに没頭していく。そんな姿を青と同じクラスで美術部の海野薫はじっと観察していた。そして卒業が近くなったある日、ふたりは新たな決断をする。

監督

村瀬裕士
1998年6月13日生まれ。愛知県出身。高校の文化祭で演劇脚本を書いたことをきっかけに創作活動を始める。大学で創作文芸コースに進み、大学卒業後スコーレ映画塾一年コース一期生として監督・脚本を務める。今作が初監督作品。

スタッフ&キャスト

監督/脚本 村瀬裕士
プロデューサー 木全純治
出演 亀井奏良、村瀬弘樹、高桑優、大野ゆき美、武田まこと、岩崎賢作、川口智子、赤星一帆、遠藤優希、小谷二誇、鋤野心紀、田代興眞、田中くるみ、塚原真理子、寺田有希、橋野航、花田祐理奈、村瀬正樹、森井優月、山西奏多
スタッフ 大野ゆき美(制作)/武田まこと・米山朋子(助監督)/村瀬純子・庄司俊介(撮影)/川合基美(撮影アシスタント)/岩崎賢作(録音)/平田久留海・水野さち・石川泰昭(録音アシスタント)/川口智子・大野ゆき美・酒向美香(照明)/北岡真紀子(スクリプター)/田中広子・虫賀博子・村瀬純子(美術)/田中広子・村瀬純子(衣装・小道具)/平田久留海(ヘアメイク)/川合基美(メイクアドバイザー)/石川泰昭(音楽)/水野さち・虫賀博子・酒向美香(編集)/伊藤成人・岡本昌司・白木久(協力)

上映スケジュール 7/28 thu – 8/1 mon

Director’s Voice

1.映画制作をはじめたきっかけは?

大学を卒業する少し前、就職活動を放棄して4月からどうやって生きていこうと思っていた時にたまたまスコーレ映画塾のチラシを見たのがきっかけです。映画を見るのは好きだけど、自分で映画を作るなんてことは全く考えたこともありませんでした。チラシの「みんなで映画つくろう!」というキャッチコピーが頭を回りだして、たまらず駅前のATMから受講料を振り込んだのがすべての始まりでした。

2.影響を受けた作品や監督は?

青春映画が好きで、撮るなら青春映画と決めていました。大林宜彦監督の『ふたり』『さびしんぼう』相米慎二監督『台風クラブ』『雪の断章 情熱』岩井俊二『リリイシュシュのすべて』森田芳光監督『家族ゲーム』が特に好きです。

3.本作の制作動機、インスピレーションは何でしたか?

着想は2021年5月ぐらいにあった某進学校の替玉登校のニュースからでした。受験した人物と登校している人物が違う、コロナ禍でマスクをつけて登校しているため写真と顔が違うことに気づかなかった。ニュースを見てこれは面白い!と思いました。そこに魂の部分として自分の思春期の頃の体験を織り込みました。環境に苦しみ、周りに助けを求めることできなくて、人を羨んで、入れ替わってしまいたいと願っていた10代の自分をキャラクターに投影しようと思いました。

4.本作ではどんな困難に直面し、それをどう乗り越えましたか?

いままで短編の小説や脚本を書くことのみをしてきて、映画を撮るのは初めてでした。ニュースで見た事件と自分自身の記憶と、完全にエンターテイメントとして作ったシーンとがあるのでもう気持ちがごちゃごちゃしていて、シーンごとのテンション感とかシーンの意味をスタッフと演者に共有するのがとても難しかったです。自分自身混乱していました。でもスタッフやキャストは真面目に理解しようとしてくれて、初監督の僕に真摯に向き合ってくれました。困難を乗り越えられたかは分かりませんがたくさんコミュニケーションを取ろうと心がけました。空き時間もスタッフやキャストと話して、いろんな意見を聞きながら作品をよくしていきました。

5.本映画祭への応募動機と選出された心境は?

まだ僕が中学生だった時、BSスカパーでゆうばり映画祭の受賞作品の放映がやっていて、それを見たのが「インディーズ映画」との出会いだったんです。取り留めなく流れる映画はどれも他では見たことがないもので、まさにファンタスティックな映画体験でした。そんな思い入れのある映画祭に選出されたと知らされた時は夢のようでした。朝起きてもう一度メールを確認しました。夢じゃなかったです。

6.ご覧になる皆さんへメッセージを

今しか撮れないものを撮ろうと愛を込めて作りました。世の中には実験してみないと分からないことがたくさんある気がします。この作品を見てみなさんから出る感想も立派な化学反応。もしよかったら反応結果を教えてくださると嬉しいです。よろしくお願いします。