ナンパ道

Pick Up

2022年/日本語/日本/88分/ワールドプレミア

解説

オンラインワークが当たり前となり、スペックや効率性を求めたマッチングアプリは全盛期。対面のコミュニケーションが薄れゆく今こそ、相手とリアルで向き合い、自らの手で愛と幸福と欲望を勝ち取るナンパってもしかしたらスゴイかも!?ただのチャラい遊びではなく、一夜にして相手のココロとカラダを開く…つまるところ究極のコミュニケーションがナンパ。自分の真なる力を磨き、欲望をむき出しにして、相手と、そして自分自身と向き合うナンパ師たち。その性(サガ)を通して、これからの生き方を描く。

あらすじ

今だ童貞、会社では営業成績最低な雄太。雄太はある日カリスマナンパ師のジュンに出会う。雄太の目の前で、簡単に美女から連絡先を聞き出すジュン。ジュンはナンパの素晴らしさを雄太に説く。雄太はモテない自分を脱して彼女を作るため、10万円もするナンパ講習を受けることに。ナンパ術は学問であり、心理学や話術、ルーティンでできていた。それらを習得し、ナンパにはまっていく雄太は、自分を磨き、様々な女性とセックスをし、圧倒的な男になっていく。そして、女優で憧れの同級生ひかりとの勝負に出る。

監督

市原悠
日本大学芸術学部映画学科卒。卒業制作「Gravity」が米国アカデミー賞公認の短編映画祭ショートーショートフィルムフェスティバルにノミネート。京都の映画撮影所での演出部を経て、東京でフリーランスの助監督、制作部などに従事、映画からTVドラマ、MV、CMなどの現場を経験。現在は、動画広告・TVCM等のプランナー、映像ディレクター、撮影などを手掛ける。

スタッフ&キャスト

監督/プロデューサー/脚本 市原悠
出演 枝川吉範、桜木綾、尾崎愛、細川唯、千葉美紅、小泉れいら、二見悠、品田誠、小倉百代、葉山みいる、大塚祥恵、西村優奈、坂口彩 他
スタッフ 池野創(キャスティング・プロデューサー)/玉田詠空(撮影)/山本タカアキ(録音)/森克行(助監督)/寺沢るみ(ヘアメイク)/さいとうりょうじ×上鈴木伯周(P.O.P)(音楽)

上映スケジュール 7/28 thu – 8/1 mon

Director’s Voice

1.映画制作をはじめたきっかけは?

小さい頃テレビで観たスタンドバイミーに感動し、なんとなく映画は好きでした。その後もジブリやAKIRA、押井守監督の攻殻機動隊などアニメーション映画にもハマりました。そして中学生の時に観た、マトリックスの世界に身震いするほどの衝撃を受け、帰り道に、この世界が実はマジでバーチャルの世界かも、と厨二病をこじらせました。
そこから、自分も誰かを感動させ、人生を変えてしまうような映画を作り、そしてたくさんの人に届けたい!と思うようになり、映画制作の道へ進みました。

2.影響を受けた作品や監督は?

影響を受けた監督は、宮崎駿さん、高畑勲さん、押井守さん、ウォン・カーワイ、スタンリー・キューブリック、レオス・カラックス、アレクサンドル・ソクーロフ、ポール・トーマス・アンダーソン、デビット・フィンチャー。作品はAKIRA、攻殻機動隊(95年)、ブレードランナー、シティオブゴッド、天使の涙、時計じかけのオレンジ、ソーシャルネットワーク

3.本作の制作動機、インスピレーションは何でしたか?

当時ネットでたまたま読んだナンパについてのブログには、男女のやり取りが繊細な小説のように描かれ、さらに論理的なナンパ術についての解説がありました。ナンパなんてただのチャラい遊びだと思っていた私は、その心の機微や、論理的思考に衝撃を受けました。当時はちょうど、草食系男子という言葉がもてはやされ、少子化(勿論ずっと問題ですが)も大きなテーマになっていました。そこからナンパが、もしかするとこれらの問題への何か道しるべとなるのではないかと考え、題材として膨らませていきました。

4.本作ではどんな困難に直面し、それをどう乗り越えましたか?

ナンパが題材なので、いわゆるナンパ相手となる女性のキャストがとにかく多く、しかも脱いでいただく場面も非常に多かったので、キャスティングには苦労しましたが、キャスティングの池野さんの多大な努力と、脱ぐシーンにも同意していただける女優さんに非常に助けられました。撮影では渋谷でゲリラでの撮影するシーンが多く、怒られてしまったり、多方にご迷惑をかけてしまいながらなんとか真夏の暑い中、スタッフの協力により凄まじいスピードで撮影できました。

5.本映画祭への応募動機と選出された心境は?

ゆうばりといえば、あこがれの日本インディーズ映画祭の巨頭です。いつかチャレンジしたいという思いがあり、また、どちらかといえばキワモノの映画や、メッセージ性とパワーのある映画を選出していただけるイメージがあり、今回の応募に至りました。まさか本当に選ばれるとは思っておらず、感無量です!しかし選ばれたのがフォービデン・ゾーン部門!?ナンパ道は清廉青春スポコン映画だよ!という少しアンビヴァレンツな感情にもなりました笑でも本当に嬉しいです!ありがとうございます!!

6.ご覧になる皆さんへメッセージを

観る人によって非常に賛否が分かれる内容だと思いますが、多分まだ誰も観たことのないナンパの世界を、きっと楽しんでいただけると思います。是非、「家族揃っていない環境」で、思う存分楽しんで鑑賞していただけると幸いです。観終わった後は映画館や家に引きこもらず、ストリートに出てくださいね。