Octane Quality

オクタン・クオリティー

2021年/サイレント/日本/30分/ワールドプレミア

解説

世界の善と悪のバランスは遠い昔から男と男の車の激突によって決められていた。謎の先住民により挑戦状を受け取った導かれし男たちは決闘の地へと向かう。台詞は一切なく、奇妙な世界観の中、音楽に乗って、人知れず正義と悪の2台の車が激突を繰り返す。

あらすじ

保安官は鷹から、修行僧は蜘蛛から挑戦状を受け取り、記された緯度と経度を頼りにそれぞれの地点を目指す。たどり着いた地点で、保安官は星空から、修行僧は地の底からエネルギーを受け取り、決闘の車に乗り込む。

監督


杉浦英治
1994年『Untitled』16mm 20分
2021年『Octane Quality』 30分

スタッフ&キャスト

監督/脚本 杉浦英治
プロデューサー 杉浦英治、岡正太郎、山本康博、柏木弘明、ブーヴィエ レミ ユキオ
出演 岡正太郎、ブーヴィエ レミ ユキオ、山本康博、ミキ姉、吉岡智也(迷彩)、吉田直樹(迷彩)、竹田源、トマ、熱田力、永野貴紀
スタッフ 岡正太郎(美術/メカニックデザイン/特効/スタント)
ブーヴィエ レミ ユキオ(撮影/撮影監督/編集)
柏木弘明(美術/照明/特効)
山本康博(助監督/照明/美術/特効)
杉浦英治(音楽/編集/小道具)
ポンチ(サウンドデザイン)
竹野智之(撮影/CG)
ミキ姉(衣装)
坂本真奈美(CG)
森石稔治(ドローン)
黒本知輝(刀製作)
山本紀子(絵コンテ)
川上淳、戦国雄大、ソリスマン、星野拓也(スタッフ)
ニンニン(ロケ)
アルハル(スタッフ)

上映スケジュール 9/16-9/20

Director’s Voice

1.映画制作をはじめたきっかけは?

僕が岡山を訪れたときに、友人である岡正太郎に車の激突を貴族のように鑑賞するイベントをやりたいんだと相談されまして、それなら映画にしようぜ!と始まりました。金も仕事もなく、未来も不透明なときに、一番困難なことにチャレンジしようと結託しました。

2.影響を受けた作品や監督は?

アレハンドロ・ホドロフスキー「エル・トポ」、アレックス・コックス「レポマン」、石井聰互「爆裂都市」、那須博之「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」、本多猪四郎「地球防衛軍」

3.本作の制作動機、インスピレーションは何でしたか?

それはエネルギーがあり余ってたからに違いありません。社会の閉塞感、時代や周囲の状況に反抗する精神もあったと思います。仲間とのくだらない話からは、たくさんインスピレーションを受けました。

4.本作ではどんな困難に直面し、それをどう乗り越えましたか?

保安官の犬が砂丘をそのままどこまでも走っていなくなったり、車が崖から谷底へ転落してしまったり、岡山の集中豪雨もありました。とはいえアクシデントはむしろ味方でした。仲間が全員不良で、強烈な個性の持ち主であることが最大の武器であるとともに、最大の困難でもあったのかも知れません。幾度となく大喧嘩を繰り返して、チームとしても人間としても成熟していきました。ユーモアで全てを乗り越えたと思います。

5.本映画祭への応募動機と選出された心境は?

撮影中から、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にだけ応募しようと決めていました。僕たちの作品を受け入れてくれると思っていました。アルバイトの面接も大概落ちるので、選出されたときはめちゃくちゃ嬉しかったです!

6.ご覧になる皆さんへメッセージを

今夜も光と闇の決闘は世界のどこかであるかもしれません!