キービジュアル解禁&開催日決定のお知らせ

2020.06.26

Click here for English page

新型コロナウイルス感染予防、及び拡散防止に最大限努めるという考えのもと、オンラインでの開催を予定しております「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」に関し、映画祭の顔ともいえるキービジュアルが完成いたしました。

さらに、開催日程が決定いたしましたことと合わせてご案内申し上げます。

開催日:2020年9月18日(金)~9月22日(火)5日間
開催形態:オンライン開催

先日発表いたしましたように、本来であれば30回目を迎えるアニバーサリーイヤー、しかも「冬から夏開催」の第一回目となる記念すべき本映画祭は、来場者や運営スタッフの皆様、映画祭を支えている夕張市民ボランティア、全国から集まる学生ボランティアの皆様、そして映画関係者の皆様が新型コロナウィルスに感染するリスクを避け、健康と安全を最優先に考慮し、今年は夕張市内での上映開催を中止とし、オンライン映画祭を実施いたします。

上映形態等の詳細は後日改めてご案内させていただきます。

節目となる30回目の映画祭キービジュアルの制作を手掛けるのは
日本を代表するアニメーター安彦良和氏

過去、様々なクリエーターが独特の世界観で同映画祭のキービジュアルを制作し、映画業界関係者のみならず、数多くのファンの皆様に【映画祭の顔】を毎年楽しんでいただいておりました。

そして今回、30回目を迎える映画祭のキービジュアルを、日本を代表するアニメーターの安彦良和氏が担当いたします。

長年、日本のアニメ界の第1線で活躍を続ける同氏は、「宇宙戦艦ヤマト」や「勇者ライディーン」、「超電磁ロボ コン・バトラーV」、「無敵超人ザンボット3」など、数多くのアニメ作品に携わり、中でもキャラクターデザイン、及び作画監督を務めたアニメ「動戦士ガンダム」は劇場版と共に一大ムーブメントを巻き起こし、今もなお世代を超え世界中のファンから支持され続けています。

この度お披露目となる同氏が手掛けた映画祭キービジュアルには、30回目開催を盛り上げるべく、映画祭と夕張をつなげる2つの代表的キャラが躍動するファンタスティックな世界が強く打ち出されています。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020実行委員長 上田博和コメント

北海道発の<世界で一番、楽しい映画祭>を目指し、映画人と映画を愛するファンの方々、すべての方々にファンタスティックと感じてもらえるようなメインビジュアルをお願いするには、同じ北海道出身であるレジェンドの安彦先生をおいてはいないと思い、事務局の総意で先生にご依頼しました。

安彦良和氏プロフィール

1947年、北海道生まれ。大学中退後、アニメーターとして虫プロに参画。1979年、アニメ『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインを務め、その後『巨神ゴーグ』など数々のアニメーション作品の監督を務める。一方で1979年SFコミック誌『リュウ』に「アリオン」を発表しマンガ家デビュー。以降精力的に作品を発表し、1990年に「ナムジ」で第19回日本漫画家協会賞、2000年に「王道の狗」で第4回文化庁メディア芸術祭賞、2012年に「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」で第43回星雲賞をそれぞれ受賞する。マンガ作品は他に「虹色のトロツキー」「ジャンヌ」「クルドの星」など。現在、「乾と巽―ザバイカル戦記」連載中。

安彦良和氏コメント

メロン熊にやられました。「絶対描く」と心に決めて描きました。こんなのがいたんですね、夕張には。ゆるくない(これ、もしかして北海道弁?)ゆるキャラ。北海道出身者なのに知りませんでした。ほかにも魅力一杯の夕張。負けるな!(コロナにも!)

特別協賛

k-pic.co.jp

協賛・協力(2019)

  • 朝日新聞様
  • 北海道新聞社様
  • 読売新聞北海道支社様
  • 十勝毎日新聞社様
  • EPSON様
  • SAPPORO様
  • ポッカサッポロ様
  • 株式会社スターチャンネル様
  • (株)ゼロワン様
  • ANA様
  • 総合商研(株) 様
  • TSUTAYA様
  • 日本郵便(株)様
  • ゆうちょ銀行(株)様
  • ネクスコ東日本様
  • 新千歳空港ターミナルビルディング(株)様
  • マメゾウピクチャーズ様
  • マルハニチロ株式会社様
  • サンケイ技研様
  • 株式会社ティーシーエイ様
  • (株)アメリア・ネットワーク様
  • ホクユーパックグループ様
  • ユナイテッド・コモンズ法律事務所様
  • (株)プリズム 様
  • 芸術文化振興基金様
  • 幸福の黄色いハンカチ基金 様
  • (公財)JKA様
  • カタギリ・コーポレーション(株)様

KEIRIN.JP